WordPressを利用していてサーバーの容量が圧迫されていたらまずはバックアップデータを確認しよう〜BackWPup利用時〜




広告(AdSense)

こんにちは。うめりこ(@rikakoster51)です。

レンタルしているサーバーから「容量超えちゃいますよ」メールが届き、どうにか一段落ついたので覚え書きとして他の皆さんの参考になれば。

始まりはサーバー会社のメールから。

ある日、サーバー会社からメールが来たんです。

Disc empty

・・・いやいや、待て待て!

サーバー移行してからまだ2ヶ月くらい?

そんなに記事も増やしてないし、この1〜2ヶ月は色々あって全く更新していませんよ?

それなのになんで圧迫されるのだ!!

記事を更新しなくてもBackWPupが機能してバックアップデータは増える。

私はブログのバックアップデータを作成するのに、「BackWPup」というプラグインを使用しています。

そう、唯一更新していなくても増えていくのがこのバックアップデータ。

そこでファイルを見てみたら、2GB近くあるファイルが10個くらいありました。

私は30GBのサーバーをレンタルしているので、そりゃ圧迫されますよ。

バックアップデータをすっきり削除!1ヶ月ぶんしか残らないようにした。

思い切って1ヶ月ぶんだけ残して、あとはすっきり削除しました。

おかげさまで、削除後は8GBに。

そうでしょ、それくらいしかないはずです。

(いえ、これからいいコンテンツを貯めていきます。はい。ごめんなさい。)

ちなみにどこにバックアップデータが入ってるのか。

私はバックアップデータがどこに入っているのかわからなくて、けっこう手間取って調べる時間が長かったので、ここに載せておきます。

使用しているバックアッププラグインはBackWPupです。

他のプラグインについては分かりませんので、ご了承ください。

まず、バックアップデータを探すときはFTPソフトだったり、サーバーのファイルマネージャー等を使います。

そして、サイト内のデータが入っているところを開きます。

データのところにはディレクトリというファイルが色々並んでいて、その中の「public_html」を開きます。

開いて、「自分のブログのドメイン名」をクリック。

「wp-content」をクリックし、「uploads」を開くと、「backwpup-●●」というファイルが色々ありますので、適宜削除してください。

これでサーバーもスッキリ。よかったよかった。

当たり前ですがバックアップをとってから行いましょう。

いきなり削除してサイト自体の動きがおかしくなると困るので、必ずバックアップをとり、自分のパソコンにバックアップをダウンロードしてから削除を行ってくださいね!!

これでまたしばらくは、サーバー容量30GBのままでやっていけそうです。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA