ランサーズで出会ったクライアント様から、直接依頼を請けることは禁止されています。〜クラウドソーシングサービスごとの規約はちゃんと守ろう〜




広告(AdSense)

こんばんは。うめりこ(@rikakoster51)です。

クラウドソーシングサービスを利用してお仕事の依頼をいただいていると、必ずといって出会うのが直接依頼。

クラウドソーシングサービス内で何度もお仕事をいただいているから、クライアント様のこともある程度わかる。

そういう場合は直接依頼を受けても、心配や不安を感じることなくこれからもお仕事ができそう。。。

そう思うことは少なくないのではないでしょうか。

でも、そういう取引はちょっと待ってください。

ランサーズで依頼を請けたクライアント様から、直接依頼を受けることは禁止されています。

規約をキチンと確認していればわかっていると思いますが、ランサーズというクラウドソーシングサービス内でお仕事を請けたクライアント様と、直接の取引は禁止されています。

理由はおそらく二つあって、まず一つはランサーズに入る手数料が入らなくなるからだと推測しています。

みんなが直接取引をするようになってしまえば、ランサーズというクラウドソーシングサービスを維持することが難しいのは簡単に想像できますよね。

もう一つは、フリーランサーのみなさんの収入を確保することで安心して仕事ができる環境を作ること。

システム手数料を払うことになりますが、仕事をすればきちんと収入が得られるという安心感があります。

他のクラウドソーシングサービスでもそれぞれの規約がありますから、直接依頼については必ず規約を確認しておきましょう。

もしランサーズ内で依頼を請けたクライアント様の直接依頼を受けたいなと思ったら。

どうしても直接依頼を請けたいと思ったときに、考えてほしいことがあります。

まず、ランサーズを利用するうえでは明らかな規約違反だということはしっかりと理解してください。

そして規約違反が明らかになった場合は、二度と利用ができなくなる可能性が強くなります。

つまり、これから先にランサーズで得られるかもしれない収入を得られない可能性が強いのです。

また、クライアント様もついうっかり直接依頼を持ちかけてしまう場合もあるかもしれません。

その場合はクライアント様のアカウントも停止になってしまうかもしれないのです。

お互いのこれから先の活動を守るためにも、まずはしっかりと考えることが必要です。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA