ニンテンドーswitchのProコントローラー(通称プロコン)の調子がおかしいときの対処法と修理。〜こんなときは修理に出そう〜




広告(AdSense)

こんにちは。うめりこ(@rikakoster51)です。

7月に購入したニンテンドーswitch用のプロコンなのですが、早くも故障して修理に出しましたので、修理前にやってみる調整や修理についてまとめてみました。

(アイキャッチは任天堂ホームページより参照させていただいております。)

Proコンで急に入力が効かなくなったときはまず「補正」をしてみる。

switchのメニューにはProコンの調整をできるものがあります。

まずは「設定」から、「コントローラーとセンサー」を選びます。

次に「ステックの補正」でスティックを、「ジャイロセンサーの補正」でジャイロの調整をおこないます。

「入力がデバイスの動作チェック」ではボタンやタッチスクリーンの動作チェックができますので、気になったときはチェックしてみてくださいね。

次にコントローラーの登録解除をしてみる。

補正メニューと並んで、「コントローラーとの通信を切るというメニューもあります。

これを行うことで登録されているコントローラーを一度解除して、登録しなおすことができます。

「設定」で調整し、Proコンを再登録しても同じ症状が続く場合は故障の可能性が濃厚。サポートに連絡先ををしよう。

特定のソフトでだけ動きがおかしい場合は、ソフト内で動きをカスタマイズできることもあるのでソフト内に設定がある場合はそちらも変更してみてください。

また、本体の近くに電報干渉する電波干渉するような電子レンジやコードレス機器がないかもチェック。

そして、金属製のラックやテレビ台の上に本体を置いていないかもチェックしてみましょう。

このようなチェックポイントに関することに問題がなくてもコントローラーの動きが元に戻らない、同じ症状が続くというときには故障の可能性があります。

我が家のProコンは買って1ヶ月で動作不良に。無償で修理してもらえた。

Proコンの調整を行っても動作が戻らなかったので、まずは任天堂サービスセンターへ連絡。

症状と、行った調整について話すとすぐに修理について案内をしてもらえました。

修理の受付はオンラインでも行っているので、私の場合はオンラインで依頼しました。

難しい操作は何もないので、修理はオンラインで依頼するのが簡単だと思います。

梱包の仕方や同梱するものまで細かく記載があって、迷わずにすみましたよ。

依頼時に修理代金について連絡をもらえるように設定することもできますので、修理代金が気になったら設定しておくといいかと思います。

Proコン自体まだまだ品薄のようで、修理に結構な時間がかかるのではないかと思っていましたが10日くらいで戻ってきました。

製品と一緒に、どこを修理したのかきちんと書いたものを同梱してくれていて、確認ができたのでひと安心。

Proコンの通常使用で調子がおかしければ、ぜひ調整とサポートへの連絡、修理依頼を行ってみてくださいね。

保証期間のうちは着払いで送付できるので、買いなおすよりも断然お得に使えます。

任天堂のサポートはこちらからどうぞ。↓

任天堂サポート





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA