Webライターとして作業や連絡が捗るおすすめのアプリをご紹介します!!




広告(AdSense)

こんばんは。うめりこ(@rikakoster51)です。

最近ブログを始めることになりまして、レビューで写真を撮影することが増えました。

さらにWebライターとして記事を納品する際に、お写真の提供まで一貫して発注してくださる機会も増加。

そこで現在、どういったアプリで作業をしているのかをご紹介します。

(ご紹介するアプリはMac環境が前提のものになります。)

文章を書くのはやはりOfficeのWordが一番。

Macで利用するアプリが買えるApp Storeではいろいろなアプリが販売されています。

普段文章を書くために使うエディタアプリは使い心地が好きなものでよいかと思いますが、お仕事に使う時はマイクロソフトのWordが無難だと思います。

その理由は、Windowsとの互換があるから。

お仕事の依頼をくださる依頼主の方がMacを利用しているかWindowsを利用しているかはわかりません。

そこを考えて、Wordでの納品がベストだと思います。

実際にWordでの納品希望の依頼主の方は結構いらっしゃいますし、競争率も少なめに感じます。

Wordを導入しているだけで依頼をいただける確立が増えるなら、これほど有利な環境はありません。

まだ導入されていない方がいらっしゃったら、Wordだけでも導入を考えてみてくださいね。

写真加工アプリはまずはお金のかからないものを導入しましょう。

本来はPhotoshopやLighitroomがあればよいかと思いますが、マイクロソフトのWordを導入するだけでも年間の使用料がかかります。

ある程度収入が安定すれば導入を検討してもよいかと思いますが、基本的にカメラ等の撮影機材が整っていなければ必要がない環境。

ミラーレスといわれる手軽なデジタル一眼カメラをお持ちの場合は、まずこのアプリがオススメです。

fotor Photo Editor

2017.8.1現在、無料アプリなのに使い勝手がよくてとても重宝しています。

有料アプリ導入は、自分で撮影した写真も高く評価してくれる依頼主の方と出会ってからでも遅くありません。

まずアピールすべきはライティング。

メールアドレスはGmail。

ランサーズのサイトで仕事をお請けする場合は、ランサーズのメッセージ機能を使うため個人のメールアドレスは基本的に開示していません。

ランサーズ含む在宅ワークを斡旋するサイトからのメールに関しては、Gmailで一元管理をしています。

野菜ソムリエとして個別の依頼をお受けする場合や個別のWebサイト作成依頼などに関しては、個人のメールアドレスを取得。

現在個人のメールアドレスをお持ちで無い場合、まだまだこれからという状態なら無理して取得しなくても良いと思います。

安定した収入が得られるようになれば個人事業主として独立するときは、取得したほうが無難。

要は、相手への印象が違うだけ。

相手によっては、無料のメールアドレスを仕事に使うなんて・・・と思う方もいらっしゃいますし、気にしない方もいらっしゃいます。

個人のメールアドレスを維持すれば印象が悪くなることはまずあり得ませんが、出費になりますので収入に合わせて考えましょう。

細かな連絡についてはチャットワーク。基本的に電話は利用しません。利用するなら経費削減で格安SIMでもいい部分。

細かな連絡のやりとりに関しては、チャットワークを導入しています。

依頼主の方によってはスカイプのチャット機能を利用される方もいらっしゃいますので、どうせならどちらの環境も揃えておくとよいかと思います。

余談ですが、私の場合、基本的に在宅ワークで電話を使用することはありません。

依頼主の方にもよりますが、電話での連絡が必要というお仕事は少ないです。

私は基本的に電話が必要なWebライターのお仕事は請けていません。

野菜ソムリエとしての活動の時は必要なことが多いため、そちらでは利用しています。

Webライターとして電話連絡が必要なお仕事を請けたいときには、プライベートと分けた通話のみの回線を準備したほうがいいでしょう。

公私混同せずアドレス帳の管理も楽ですし、経費の計算も簡単だと思います。

そうすると2回線を維持することになりますので、どちらかを格安SIMで対応したほうが出費が少なくてすみます。

ただ、通話品質の問題がありますので、電波が入りやすく障害の起きにくい会社を選ぶことを忘れずに。

利用アプリのまとめ

・エディタはマイクロソフトのWordがおすすめ

・写真は無料アプリのfotor Photo Editorがあれば便利。

・メールアドレスはGmailに集約。個人のメールアドレス取得も視野に入れておく。

・細かな連絡はチャットワークかスカイプのチャット機能を利用。

・電話を仕事に利用する場合は別回線の方が便利。維持費がかかるので本当に必要か見極める。

こうしてみると、Webライターの仕事に必要な環境というのは本当に少しです。

はやく環境を整えて、ライティング能力の向上に力を注ぎましょう。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA