そもそも、糖質ってなんですか?糖質の種類まとめ




広告(AdSense)

こんにちは。うめりこ(@rikakoster51)です。

巷で糖質制限という言葉をよく聞くようになってきました。

そもそも、糖質って、砂糖のこと?

カロリーゼロに入ってる人工甘味料って何?

そういう疑問がでてきたので、調べてみました。

糖質とは炭水化物から食物繊維を引いたもの。

9V9A6135 TP V

炭水化物といえば、三大栄養素の一つ。

この炭水化物から、食物繊維を引いたものが糖質で、決して砂糖のことだけではありません。

そして、この糖類もさらに細かく分かれます。

単糖類、二糖類、多糖類、糖アルコール、合成甘味料です。

単糖類は、ブドウ糖や果糖など、二糖類はショ糖や乳糖、麦芽糖など。

多糖類はでんぷん、オリゴ糖、デキストリンなど。

糖アルコールはエリスリトール、キシリトールなど。

合成甘味料がアスパルテーム、スクラロースなど。

このうち、エリスリトールと合成甘味料は血糖値を上げません

商品表示をよく見よう。

FCFG100113202 TP V

糖質制限をされている、もしくはチャレンジしてみようと思ったら、まずは商品の表示をよく確認してください。

糖質制限の極意は、「血糖値を上げない」というところに集約できるかと思います。

なので、「成分表示で糖質が入っている」食品でも使われている糖類が血糖値を上げないものだけであれば、制限されている方も食べられるということになります。

糖アルコールは安全性が確立されている

ELFA IMG 1512 TP V

砂糖に比べるとだいぶお高く販売されている糖アルコール。

この糖アルコールは自然界にある野菜や果実に含まれていたり、麦芽を原料にして作られています。

ですので安全性が確立されているといえます。

本格的に糖質を制限されている方は、エリスリトールの甘味料を使用すれば安心ですね。

合成甘味料は摂取量が決められている

現在、米国食品医薬品局と厚生労働省が認めている合成甘味料は6種類あります。

カロリーゼロの清涼飲料水やゼリーなどによく入っています。

この合成甘味料は1日の許容摂取量が決まっています。

ですので、いくら血糖値が上がらないからといって摂り過ぎには注意が必要です。

上手に糖質と付き合おう

糖質制限の効果も巷でいろいろと報告されるようになり、とても興味が出ています。

しかし、糖質制限も行える人と避けたほうがいい人がいるようですし、自分の体調をしっかり把握しながら、安全に行うのが一番よいと思います。

Facebook等でも、皆さん盛んに意見交換されているようですし、いろいろとお勉強させていただこうと思います。

まずは糖質がどんなものかを知ることが大事。

私たちの体は、食べたものできています。

偏った知識で食べ物選びをしないようにしたいものです。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA