LINEを使うか使わないか、考えてみた。




広告(AdSense)

おはようございます。うめりこ(@rikakoster51)です。

ずっと気になっているLINE、やはり情報の流出が怖くてなかなか利用できずにいます。

それでも親戚や知り合いとの連絡はLINEが主流になってきてますし、企業のLINE@の恩恵にあずかりたい気持ちもムクムクと。

うーん、どうにかしていいとこ取りできないものか。。。

そこで、最低限の個人情報を守る&LINEを使うということに関して、一番の最適解を考えてみました。

もし情報が流出したとしても最低限の情報のみにしたい。

そう、これに尽きます。

万が一のとき、被害は最小限にしたい。

LINEを使う時点で、自分個人の情報はダダ漏れです。

そこはもう隠しようがないわけです。

 

ただ、現在アドレス帳に入っている連絡先の情報は渡したくないですし、

LINEアプリがバックグラウンドでどんな風に動いているのか全く知りません。

ですから、最低限の情報が入ったスマホでの導入が必要です。

でも最低限のスマホにしてしまったら生活に支障が出るのは明らか。

ここで、以下の発想にたどり着きました。

LINE専用スマホをもつ。これが一番の防衛策では?

そう、スマホの2台持ちです。

携帯を複数台持ちしていたことがある方は、用途によって使い分けていたはず。

それをスマホでやってしまうというわけです。

LINE専用端末に登録されるアドレスはすべてLINE導入済みの方の連絡先なわけですから、もともとLINEの利用規約に合意しています。

ですから特に心配することや神経質になることもないわけです。

ただ、これを実現するには必要なものが二つ。

そう。専用SIMと専用スマホ本体。

防衛するには余計な出費が必須か。はたして、そこまでしてLINE必要か?

SIMはLINEモバイルのSIMで決定でしょう。

大手の通信会社より安く導入できますし、LINEだけに使用するという目的に一番ぴったりです。

LINEモバイルに直接確認しましたが、月500円のプランでも年齢認証が可能とのことです。

年齢認証が可能ということは、18歳以上ならID検索で友達追加ができます。

他の格安SIMでもLINEの使用は可能ですが年齢認証ができません。ID検索ができれば飛躍的に便利に利用できるようになります。

LINEモバイルのSIMならSMS認証もスキップできますから、SMSを契約して余計な出費が増えることはありません。

(2017年3月20日現在)

 

スマホ本体に関しては手元に使用していないスマホがあればそれが使えます。

これだと初期費用がかなり抑えられ、導入のハードルがぐんと低くなります。

ただ、それぞれのSIMで動作確認できているか確認が必要ですので注意。

その辺を自分でこなすのが難しい場合は、LINEモバイルでスマホごと契約すると楽です。

一番簡単かつ一番情報漏洩が少ないLINE利用環境がすぐできあがります。

今のところ一番安いLINEモバイルのスマホが13800円(ZTE製ですけどね。。。)。ちなみに一括購入のみです。

 

ここまでの総額を考えてみますと、

【初期費用】

端末代 13800円

SIM発行手数料 400円

事務手数料 3000円

合計17200円

 

【毎月の料金】

LINEフリー 500円

ユニバーサルサービス料 2円

合計502円

 

これだけのお金がかかってきます。

はたして。ここまでしてLINEを使用するメリットはあるのか?

それが問題です。

LINEアプリは基本無料で使えますが、ここまでしてLINEって必要ですかね?

 

まとめ:やっぱり私は使わない。

私の場合ですが、現在はFacebookのメッセンジャーが主流です。

Facebookをやっていない人とでもwhatsappでLINEのようにメッセージを交換することもできます(世界ではwhatsappのシェアがほとんどです)。

 

個人情報に神経を使い、お金を出してまで導入する価値をLINEに見いだすことができなかったので、私は導入を見送ります。

家族で1つのIDを共有し、自宅に置いておく連絡用とかLINE@の情報を受け取るためなら導入すればじゅうぶんな恩恵があるかもしれません。

家族の目に触れるので変なIDからのメッセージへの防衛も高まるでしょうし、自分が変なやりとりをすることもなくなると考えられます。

 

LINEで会社の案件等をやりとりしている場合については、家族が見られないような大事なことはLINEで連絡するのではなく、メールや電話、会議や申し送りでお願いする絶好のチャンスです。

実際に最近の若い人の間では、LINEだとスクリーンショットで流出する可能性があるために、大事なことは会って話すのだとか。

 

LINEが必要かどうかは個人の環境によっても変わってきますし、半ば強制的にやらざるを得ない環境の方もいると思います。

そういう方は情報漏洩のリスクを受け入れ、他人に迷惑がかからないように配慮して自分のメインスマホに導入か、今回の考察のように別にスマホを準備してLINEが月額500円のアプリだと割り切って使用するのもいいのではないでしょうか。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA