JavaScriptのfor文




広告(AdSense)

絶賛お正月ボケのうめりこです。

ほんと、なんだかぼんやりしすぎていろいろ勉強したこと忘れちゃってるので、

昨年末に勉強したことからまとめていこうと。

 


for文とはなんぞや?


はい、JavaScriptの「for」文です。

for(var i= ■ ;i < ◎◎ ; i ++)

で表される繰り返しです。

 

「var i=■」のところは「最初にiを■と定義する」というところ。

「i<◎◎」のところは「iが◎◎より小さいとき」という意味。

これが「i<=◎◎」となると、◎◎も処理に含まれます。

「i ++」のところはiを1ずつ増やしていくこと。

 

これを実行すると、

「iが◎◎より小さいときは1増やす」という繰り返しになります。

あとはこれをdocument.write(i);で書き出してあげると、■から◎◎より小さい数が書き出されます。

 


for文とif文の合わせ技とかもあるんだって


for(●●){

if(△△){

document.write(□□);

}

}

上記のように、forの中にifを入れることによって、

条件付きの繰り返しができるようになります。

forの中にforを入れることによって、2つのものが順番に変わっていくこともあらわせます(掛け算九九とかね)。


まとめ


forの中に条件を入れるとか、

forの中にさらにforを入れるとか、

言われたってわかんないしー。言われないと尚更わからん。

詳しい参考書とかほしいなぁ。。。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA