Time Machineでのバックアップ




広告(AdSense)

母艦のiMacを絶賛バックアップ中のうめりこです。

そりゃー買ってから5年近く、全くバックアップ取ってませんでしたけど、

いくらなんでも長すぎるじゃないの。

あと4時間もかかるんですって。

暗号化してないんですけど?

 

そういえば。。。

El Capitanにアップするときもただのアップデートだと思ってバックアップも取らずにアップグレードしてしまい、冷や汗モノだったなぁ。。。

 


使い始めにはすでに、バックアップ環境を準備してあるのが前提


 

バックアップしながら思うんですけど。

このTime Machineはおそらく、使い始めからバックアップ環境を準備してある人にとっては、本当に便利なんじゃなかろうか。

おそらく最初にドカッとバックアップしてしまえばあとは差分をバックアップするだけだろうから、いざという時に全然困らない。

しかも使い始めからバックアップしていれば最小限のデータだろうから、

日々のバックアップなんで微々たるもの。

 

あー、5年分。。。

そうね、5年分。。。

 

これ、暗号化かけたらどれくらいかかるのか、恐ろしくてできない。

 


そしてバックアップが本当の目的ではない


 

そう、今回の目的はメモリの増設。

iMac Mid, 2011 27インチの我が家の母艦ちゃん。

メモリなんてあとで増設すればいいやと思いながらここまで来たよ。

そしたら、4GBで踏ん張ってた。

 

最近えらく虹色のグルグルが回るなぁーと思っていたけど、

そりゃ回るよ。

4GBとか、その辺のノートPCより少ないよ。

MacBook12インチより少ない。

 

慌てて、8GBのメモリ買ってきて増設準備。

とりあえず外付けHDDの初期化

とりあえずTime Machineでバックアップ ←いまココ

増設(合計12GBに生まれ変わる)

 

・・・はぁ、泣きたくなってきた。

子どもが幼稚園に行ってるうちにやりたかったのになぁ。


Time Machine使用上の注意


 

まずはMacを使い始めるときに、外付けHDDなどのバックアップ環境を整えておきましょう。

そして、使い始めと同時にバックアップを取っておきましょう。

そしたら暗号化も怖くない!(はず)

いざバックアップした時の驚きの待ち時間に途方にくれることもない!(はず)

うちのiMacはUSB2.0だからなぁ。。。

それも遅さの原因に入るだろうなぁ。。。

 

はぁ。。。

次に買うときには本当に気をつけなくちゃー。

メモリ増設するくせに買う気でいますけどね。

5KのiMac、いいよねぇ。。。

USB3.0だったよねぇ。。。?

欲しいなぁ。。。

 





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA