MAMPのタイムゾーン変更(2016年11月現在)




広告(AdSense)

gori0i9a2979072100725_tp_v

 

MAMP、引き続き絶賛環境構築中です。

それよりもCodeCampの課題が終わらず、グッタリ。。。

さてさて、PHPの環境設定のうちタイムゾーンについてですが、

どこで変更するのさ!?っていうのがあったので忘備録的な記事を残しておきます。


まず、PHPのファイルを探す


 

アプリケーション→MAMP→bin→php

とディレクトリ(ファイルのことね)を辿っていくと、各PHPがあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-11-05-04

コピーを取ってから作業しよう


ここから、使うPHPをダブルクリックすると、

「conf」というディレクトリがあるので、ここをダブルクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-11-06-58

「php.ini」というものがあるので、念のためコピーをとります。

これね、特に私のような初心者は、何かあったら復旧させるなんて無理な自信あるので、

必ずコピーを残しておきましょうね。

 


いよいよタイムゾーン変更。・・・で、どこにあるの?


タイムゾーンを変更するために、「php.ini」をエディタを使って開きます。

(私はAtom入れてたのでAtomマークがついてます)

ズラーッと何やら書いてあるのをとりあえず読み飛ばし(読めないしw)、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-10-53-57

550行め付近に、このようなdate.timezoneというのがあります。

どのPHPファイルでも、この行数付近にありました。

 

デフォルトでは”Europe/Berlin”になっているので、

ここを上の写真のように”Asia/Tokyo”に書き換えて保存。


まとめ


・アプリケーション→MAMP→bin→php→conf→php.iniと辿る

・タイムゾーンは各PHPディレクトリ内の「php.ini」の550行め付近にあるので、

 ”Asia/Tokyo”に書き換える

・変更を加える前に必ずコピーを残しておく!!

 

 

これで、タイムゾーンの変更が終わりです。

これを検索するのに時間がかかるんだよねー。

というわけで、参考になれば幸いです。





Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA